So-net無料ブログ作成

フケや抜け毛・頭皮のかゆみを解決する正しいシャンプー方法 

フケや抜け毛 頭皮のかゆみを解決する 正しいシャンプー方法.jpg
【北海道・39歳・マイ】

私が頭皮トラブルで悩み始めたのは今から4年ほど前、35歳を過ぎた頃からです。

家事と育児、仕事で毎日とても忙しすぎて丁寧に頭を洗っていなかったことが原因だと思います。
フケ、かゆみ、抜け毛などにだんだん悩まされるようになったんです。

しっかりと頭を洗っていないことが原因だと思い、朝と晩にシャンプーなどでゴシゴシと頭皮を洗うことにしたんです。
ですがこれが逆に頭皮の状態を悪化させてしまったようです。

フケや抜け毛の量が増えてしまい、さらには最悪なことに、夜に頭皮のかゆみで起きるようになってしまったんです。

職場の人に相談したら今まで使っているシャンプーは一度やめて、スカルプシャンプーを使わないとだめだとアドバイスされました。
頭皮洗浄専用のシャンプーを使わないと頭皮環境改善しないよと言われ驚きました。
またシャンプーを過剰にし過ぎることもよくない…とも指摘されました。

シャンプーの頻度は二日に一回にしました。
今まで洗いすぎて頭皮に刺激を与えていたんですよね。
洗う時の温度は高すぎると良くないと聞いたので、40度程度にしました。

このように頭皮用のスカルプシャンプーを使うことで、二ヶ月後にはフケや抜け毛の量がグっと減ってきたことを実感することができました。

でも問題は頭皮のかゆみでした。

夜中に頭皮がかゆくて眠れない! 
という状況に比べたらマシにはなったのですが、それでもやっぱり仕事中に、家事中に、気がつけば頭をかいてしまいます。

起きている間ずっと頭がかゆい… かいてもかいても、かゆみが消えることはありません。

そんな時にまさみさんの記事を通じて、頭のかゆみ専用の美容液(すこやか地肌)があることをはじめて知りました。

すこやか地肌.jpg

こんな商品があるなら、もっと早く使っていれば4年も悩むことがなかったのに…
そう思いましたが、まさみさんは15年も苦しんだことを思うと、私はまだラッキーなほうだったと思います。

このブログの読者様に私がアドバイスできることとしては…

まずは「すこやか地肌」を使ってみること。
そして、頭皮トラブルで悩んだ時にはシャンプーの見直しをして、洗いすぎないこと、お湯の温度を気にすると良いと思います。
熱すぎるシャワーは頭皮の保護に必要な皮脂まで落とし過ぎてしまうので良くないです。

私はすこやか地肌とシャンプー方法の改善で、髪が太く健康的になりほっとしました。
艶やかでしっとりとまとまる髪になり頭皮環境がすごく良くなりました。

みなさんの参考になれば幸いです。



頭皮湿疹:まさみプロフ2-80.jpg管理人まさみからの一言

マイさん、体験に基づいた読者さんへのアドバイスをありがとうございました。

かゆみなどの頭皮トラブルを解決するためには、頭皮をしっかり洗浄する必要がありますが、最近のシャンプーは洗浄力が強すぎて、それでかえって逆に頭皮の保護に本来必要な皮脂まで落としすぎてしまい、頭皮が乾燥してかえって頭がかゆくなる… フケがでる…
そんなトラブルが増えていると皮膚科の先生も言っていました。

シャンプーをする時のお湯の温度も重要で、熱すぎるお湯だと、それだけで頭皮の皮脂を落としすぎるので、私も熱く感じない程度のぬるめのお湯でシャンプーを洗い流しています。

あと、重要なのは、これでもか!というぐらいに丁寧にシャンプーをしっかりすすぐようにしています。

すこやか地肌に関しては、本当に頭皮のかゆみ、フケ、湿疹など、オールマイティーに効果を発揮してくれるスーパーアイテムだと思います。




〝最安値&返金保証付き〟で
「すこやか地肌」を購入できる方法をまとめたので、
よかったら参考にしてください。

↓  ↓  ↓
最新情報
たった今、すこやか地肌公式サイトを見たら
初回限定のモニターキャンペーン価格が大幅に下がってます。
底値の今がチャンスです!
↓  ↓  ↓
「すこやか地肌」を最安値で購入する方法

すこやか地肌を最安値・全額返金保証付きで通販で購入する方法.jpg


【当ブログで一番読まれている〝人気記事〟】
(※11万アクセスを超えました…!!)
頭皮湿疹すこやか地肌11万アクセス.jpg
↓  ↓  ↓
15年間ボロボロだった頭皮の湿疹・かゆみを完治させた〝たった一つの新習慣〟

15年間ボロボロだった頭皮の湿疹・かゆみを完治させた〝たった一つの新習慣〟.jpg





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。